ちいさいひと 青葉児童相談所物語【1巻が期間限定で無料】

まんが王国にて「ちいさいひと 青葉児童相談所物語」の1巻が無料だったので読んでみました。思った以上にエグイ話の連続。しかし、これを読んだ人は優しくなれると思います。
MENU

ちいさいひと 青葉児童相談所物語【1巻が期間限定で無料】

以前から気になっていた「ちいさいひと 青葉児童相談所物語」がまんが王国にて、期間限定で1巻無料だったので読んでみました。

 

思ったより絵が上手く、そしてエグイ話でした。こんな虐待を受けている子供が実際にいるのかもと思うと、心がモヤッとします。

ちいさいひと 青葉児童相談所物語のあらすじ

相川 健太(あいかわ けんた)22歳は、この春から青葉児童相談所の福祉司として働くことになる。

 

実は彼は幼い頃、実の親に虐待されて育っていた。そこから救ってくれたのが、現・青葉児童相談所の副所長・藤井だったのだ。

 

藤井が助けてくれたおかげで、親切な里親にも引き取られ、真っ当に育つことが出来た。

 

昔の自分のように泣いている子供がいるのなら助けたい。信じてもいい大人がいるってことを知ってほしい。

 

そう胸に誓い、健太は今日から児童福祉司となる。

ちいさいひと 青葉児童相談所物語の主な登場人物

相川 健太(あいかわ けんた)
22歳。この春から、青葉児童相談所の福祉司。
普段は抜けている所があるが、子供のピンチを嗅ぎとる嗅覚はピカイチ。
自分自身も幼い頃に虐待されていたため、同じような境遇の子供を救うことに只ならぬ使命感を持っている。

 

長澤 彩香(ながさわ あやか)
健太の同期。この春から、青葉児童相談所・一時保護所の保育士。健太とちょっと良い雰囲気?

 

藤井(ふじい)
青葉児童相談所の副所長。昔、親に虐待されていた健太を救った人物。

 

黒木(くろき)
青葉児童相談所の所長。堅物のメガネ女。いつも険しい顔をしている。

 

塚地(つかじ)
青葉児童相談所の福祉司。身体が丸っこくて、親しみやすい先輩キャラ。

ちいさいひと 青葉児童相談所物語の感想

1つ目のエピソードから結構キツイ話だったorz

 

ネグレスト(育児放棄)されてる子供を、健太たちが助けることになるんですけど・・・

 

6歳と2歳の娘を放っておいて、母親は男の元に入り浸ってて、たまに家に帰ってもドアのチェーン越しにファストフードを渡すだけという、とんでもないクソ親の話でした。

 

6歳の姉ちゃんに妹の面倒を全部押し付けて、それでどうにかなるわけねぇだろ。そんでその間、自分は男とベッドの上でパンパンですか。

 

マジこういう「母」であることよりも「女」であることを選ぶ奴ってなんなの?自分で自分を許せなくなんないのかね?

 

俺は親たる者、子供を育てる義務があると思う。育てて当たり前なんだよ。お前らの勝手で作ったんだから。

 

それなのに「お前なんか産まなきゃよかった」って、子供からしてみりゃ「お前から産まれたくなかった」なんだよ(#゚Д゚)プンスコ

 

くそぅ、こういうムナクソな漫画を読むと、ついカッカしちゃう。だけど、これから親になる人・既に親な人には、是非この漫画を読んでほしい。

 

「人の振り見て我が振り直せ」と言いますし、この漫画を読んだら、自分は子供を大切にしようと思えると思う。

 

こういったメッセージ性の強い漫画にこそ、ドラマ化とかしてほしいなぁ。優しい人間が増えそう。

 

だけど、子供の虐待とか描写がエグ過ぎて、実写化は難しいか・・・。

このページの先頭へ